MENU

融資停止になる時の理由

モビット融資停止

 

モビットは、提出書類がしっかり揃っていたり、信用情報に問題のない方なら、即日融資が可能になるほど、契約までに時間がかからないことも多く、多くの利用者に支持されています。しかし、今まで順調に返済していても、突然融資停止になる場合もしばしば見受けられます。まず、特にモビットから融資停止処分を受ける心当たりがないようでしたら、個人情報に変更はなかったかどうか考えてみてください。引っ越し等の理由で連絡先の電話番号や住所が変わってしまったり、転職により申し込み時の勤務先に変更があった場合、変更を連絡しなかったため、モビットからの信用度が下がってしまったことが考えられます。何か変化が生じた場合は、速やかに変更の届け出をしましょう。

 

次に挙げられるのは、他社の金融機関で借り入れをして、残高が合算された場合です。モビットをはじめとする貸金業者では、総量規制があり、年収の3分の1までしか借り入れできない仕組みになっています。信用情報に記録が載りますので、すぐに判明します。即日融資ができることから、審査等の手続きも迅速と考えられます。借入限度額の増額申請をした場合に、審査が行われ、減額や融資停止処分を受けることも多いと思われます。

 

なお、融資停止で一番多い理由は、返済の期日が守られないことでしょう。2、3回延滞や遅延を繰り返すと、即座に取引を断られます。連続しなくても、一定期間のうちに遅れが目立つようになった場合も、信用度が下がる原因となります。
せっかく即日融資がされても、融資停止となると再度の契約が難しくなる可能性もあります。計画的に利用し、返済するように注意しましょう。